タダリスはジェネリックのED治療薬です。副作用や個人輸入について

ED治療薬としてバイアグラ、シアリス、レビトラ等が知られています。
病気の治療の際に処方される薬については、健康保険が適用されますが安価で購入できます。
EDは病気として扱われないために薬も保険適用外となり全額自己負担ですから、高価になります。
勃起不全などで性生活に支障をきたし、ED治療薬を継続的に使用する場合、経済的負担も気になります。
バイアグラなどのED治療新薬は成分・製法特許によって保護されていますから、ジェネリック医薬品の製造は認められていません。
インドは特許に関する考え方が違い、成分特許を認めていませんから、特許期間中であってもジェネリック医薬品製造が可能になるという事情があります。
人件費が安く製造コストを抑える事が可能ですから、安価に販売されています。

生活向上に必要な医薬品については、国民に対して負担を少なくするという考え方に基づくものです。
ED治療薬の1つであるシアリスのジェネリック医薬品が、タダリスです。

tadalis2

シアリスは商品名で、一般名は「タダラフィル錠」と呼ばれます。
主成分はタダラフィルを使用し、添加物に違いがあったり製法に違いはありますけど、勃起改善効果は同じと言われています。
特徴としては、バイアグラ、シアリス等の先発薬よりも長時間の効果が期待できる事です。
ED治療薬の場合、服用時の副作用として、顔のほてり、頭痛などがありますけど、タダリスは副作用が少なくなっています。
効果が長時間持続するメリットがありますけど、効果が出始めるまでに4時間ほど必要になります。
バイアグラは服用後30分程度で効果が出ますけど、タダリスは効果が出始めるのも緩やかでから、性行為の時間から逆算して服用時間を決めておく必要があります。
国内で販売されているED治療薬は先発薬が多いですから、国内未販売のジェネリック医薬品を購入する場合、個人輸入などにより入手できます。
インターネットではバイアグラなどの先発薬をはじめ、色々なジェネリック医薬品の販売サイトがあります。
正規品だけでなく不純物が含まれた偽薬も多くトラブルが生じ、問題になっていますから信頼できるサイトを利用したり、個人輸入代行業者を利用する事が大切です。
海外の医薬品を個人輸入する場合、診断書や処方箋などは不要ですけど、事前に医師に相談しておくと安心できます。
不純物が混入している医薬品を服用した場合、副作用だけでなく重篤な健康被害に陥ったケースもあります。
医薬品の副作用などの健康被害については、厚生労働省の「医薬品副作用救済制度」がありますけど、タダリスの場合は適用範囲外ですから自己責任になります。
ED治療薬も他の医薬品と同様に、体質・体調との相性もあります。

新薬と比較して安価なジェネリック医薬品ですけど、体質によっては効果が出にくい事もありますから、数種類を服用してみて効果が確認できる医薬品を選びたいものです。
ED治療薬を服用する場合において、高血圧や低血圧の症状があったり、半年以内に心筋梗塞や脳梗塞などがあった場合には服用を控える事も大切です。

EDをもっと詳しく

当サイトではEDについて出来るだけ分かりやすく解説していますが、まだまだ教えたい情報、知っておいて欲しい情報はたくさんあります。
(情報が膨大すぎて私ではまとめきれません・・泣)
こちらのサイトがED全般の知識や、タダリスについて上手にまとめられていますので、ご紹介しておきます⇒タダリス
コチラのサイトではEDの基礎知識から治療薬の選び方まで分かりやすく丁寧に紹介、初めてEDについて考えるという方でも安心して情報収集できますよ。

Comments are closed.