ED治療を通じて体の神秘を教えてくれたタダリス

科学の進歩によって、世界のあらゆる事が解明されて来ました。
ですが、我々人類は様々な事が解明される毎に、地球や宇宙、生命を成り立たせている仕組みに神秘的なものを感じて来たのではないでしょうか。
私も60歳を過ぎて患ったEDを通じて、人体の神秘を感じる事が出来ました。
それは、タダリスと言うED治療薬の使用がもたらしてくれた体験だったのです。
私は60歳になってから現在の妻と再婚しました。
結婚して数年、仕事も定年間近になり、新しい妻と第二の青春を謳歌していたのですが、ある日妻とセックスした時にペニスの勃ちが悪いと感じたのです。
さすがにもう歳だからかな、とも思いましたが、やはりまだまだ妻とセックスを楽しみたい気持ちがあり、かかりつけ医に相談してみました(今思えば笑い話ですが、結構緊張しました笑い)

tadalis5すると、「EDかも知れませんね」と、かかりつけ医に言われたのです。
実は、私の様な年齢の方もED治療薬を購入して、まだまだ現役を続行しているらしい事を医師から聞きました。
そこで医師はバイアグラと言うED治療薬を勧めてくれたのですが、価格が4錠入りで6千円と高く、その日は購入せずに帰宅しました。
さて、その日から私はEDについて研究を開始しました。
もともと調べ物をするのが好きな性分だったのですが、EDについて調べる内に色々な事がわかったのです。
まず驚いたのが、ペニスの勃起のメカニズムです。

脳が性的な興奮を覚えると、その信号が陰茎に伝わります。
すると、陰茎海綿体を構成する平滑筋から一酸化窒素が遊離し、cGMPという神経伝達物質の発生を促すのだそうです。
このcGMPは筋肉を弛緩させる働きがあり、平滑筋を緩めて血液が流れ込みやすい状態を作るのです。
また、cGMPを分解するPDE5という物質があり、cGMPの濃度が平滑筋内で高くなり過ぎない様にコントロールするので、ちょうど良い勃起の状態が維持されるのだと言う事がわかりました。

ペニスの勃起一つをとっても大変精密なメカニズムを持っているのだな、と私は感心しました。
さらにEDのメカニズムについて調べると、歳と共にcGMPが減少する事がその原因の一つだという事がわかったのです。
そこで、ED治療薬はPDE5の働きを抑える事で、少なくなったcGMPが活躍出来る様にしてくれるそうです。
なるほど、と私は思わず手を打ちました。
さて、EDについて調べる内に、私は複数のインド製の低価格なED治療薬の存在を知りました。
そして、その中で特にタダリスと言うED治療薬に興味を引かれたのです。
タダリスはシアリスというED治療薬のジェネリックなのですが、効果の持続時間が36時間と非常に長く、効き目の現れ方もマイルドであるという事でした。
定年退職も間近だったので、妻と旅行を楽しみたいと思っていた私には、一度飲むだけで効果が長く続くというのは魅力的に感じました。
一回の服用で36時間も効果が続くなら、二夜連戦もオーケーだという事ですからね。
さて、私はタダリスを購入しました。
価格も新薬と比べて非常に安く、5分の1程度の値段で購入出来たのです。
実際の使用について感想を述べるなら、「素晴らしい」の一言です。
私のペニスは見事に硬く勃起してくれたのです。
また、副作用があるという事でしたが、私はさほど気になりませんでした。
今では私は定年退職して、妻とタダリスを連れて日本各地の旅行を楽しんでいます。

Comments are closed.